ながさきプレス

来て 見て 食べて 楽しい長崎

工場見学( 2 )

Category
白十字パーラーぽると柚木工場

白十字パーラーぽると柚木工場

昭和26年創業の〈白十字パーラー〉は、戦後間もない佐世保のアーケードに本格的なコーヒーとフランスケーキを味わえる店として、オープンしたのが始まり。創業から数年が経ち、現在の看板商品である「ぽると」が最初に生まれた。   「ぽると」はかつて、貿易の拠点であった長崎のイメージに合わせ、〝南蛮菓子〟という位置づけで...
チョーコー醤油

チョーコー醤油

地方によって食の好みは異なるもの。特に日本人にとっての醤油と味噌はつながりが深く、故郷の味が忘れられない人も多いはず。今回は長崎県民にとっての故郷の味〈チョーコー〉の醤油と味噌の工場に潜入した。 ふんわり醤油の香りがする工場内はとにかく広い。従業員も自転車で移動するほどで、工程や製品ごとに生産ラインが分けられている。醤...
岩崎本舗

岩崎本舗

長崎土産の定番、〈岩崎本舗〉の「角煮まんじゅう」。その製造工場で感じたのは、もう食べ慣れたと思っている長崎の読者にぜひ知ってほしい、さらなるおいしさへのこだわりだった。 長与町にある製造工場で角煮まんじゅうは作られており、大切な部分は今もすべて手作業だ。店舗販売はもちろん、全国から通販の問い合わせがあり「お土産でもらっ...
2階では絵付けや釉薬をまとわせる工程が行われる。器づくりの過程を見て、一枚ずつ大切にされていることが感じられた

福峰窯

今や全国的に注目の集まる波佐見焼の器。しかしそもそも器づくりの工程や裏側は意外と知られていないもの。今回は特別にその現場へと潜入! 訪れたのは、創業から50年になる波佐見の窯元〈福峰窯〉。素焼きから絵付け、本焼きまで分担しながら行っている。まず驚くのは、その器の数。作業の段階ごとに板の上に並べられており、担当する職人が...
平木工業

平木工業

多種多様な問題を抱える現代社会の中で、増えすぎていくゴミ、枯れていく資源についても、解決すべき大きな課題のひとつだと言える。「リサイクル」は、資源活用とゴミ問題とを解決できる、環境問題対策には欠かせない取り組みだ。しかし、一概に「リサイクル」と言っても、集められたものがどうやって再び社会へ戻っていくのか……意外とイメー...
鮮鼓堂  佐世保支店

鮮鼓堂 佐世保支店

 スケトウダラのタマゴを原料につくる、おなじみの博多名物・辛子明太子。「鮮度の良い明太子を、太鼓の打ち音が響き渡るがごとく、多くの家庭へ届けたい」との想いを募らせて生まれた〈鮮鼓堂〉の明太子は、本場・博多の味を提供するためのこだわりが、その随所に散りばめられている。タマゴの選別から調味液に使用する原材料に至るまで、一切...
九一庵食品協業組合

九一庵食品協業組合

 日本人の食卓に慎ましやかに佇みながら、古くから親しまれ続けている豆腐。長崎県にも、そんな和食の立役者・豆腐を真摯につくり続けている場所がある。大村市の山あいに工場を構える〈九一庵食品協同組合〉。長崎県内の5つの豆腐製造業者が集まって発足した組合だ。「九州一のおいしい豆腐」を目指して名付けられた〈九一庵〉だが、そのおい...
Return Top