ながさきプレスWEBマガジン

観光
- tourism -

観光コラム

ながさきプレス観光課
さが petit TRIP
長崎の鉄道ぜんぶ乗ってみた
旅する長﨑
DAY TRIP 島原
メイド・イン・ナガサキ

観光

地元情報誌がお届けする長崎の観光情報ページです。眼鏡橋やグラバー園、稲佐山、軍艦島、ハウステンボスなどの定番はもちろん、スタッフおススメの穴場スポットや、コラムなど、はじめて来る人にもわかりやすいお役立ち情報がいっぱい!

ヒヨリミテラス

ヒヨリミテラス

  壱岐の観光案内所がカフェを併設して オシャレな複合施設に! 壱岐島の最北端に位置する、辰ノ島観光船乗り場であり案内所の〈ヒヨリミテラス〉が、カフェなどを併設した複合施設としてリニューアルオープン。   渡船・遊覧船を待つ間に、勝本名物のイカをふんだんに使用した「ヒヨリミバーガー」600円などのフ...
〈波佐見〉2021/12/11(土)~26(日)にマルヒロクリスマスイベント「VARIABLE FESTA」を開催!
東彼杵郡波佐見町

〈波佐見〉2021/12/11(土)~26(日)にマルヒロクリスマスイベント「VARIABLE FESTA」を開催!

    2年連続で開催できなかったマルヒロのガレッジセールを、12/11(土)~26(日)に開催。   入場予約制で、波佐見焼のガレージセールをはじめ、スケボー、長崎県の人気飲食店によるフード販売、植物の販売、無料マッサージなど、さまざまなコンテンツを用意する。    ...
島ごと食べる!壱岐・五島・対馬のアイランドグルメ!

島ごと食べる!壱岐・五島・対馬のアイランドグルメ!

      たびで最も重要な要素のひとつと言えば、もちろん“グルメ”ですよね! よそではなかなか味わうことができない この土地ならではのおいしい味覚を探し、楽しみたいもの。 ましてや島グルメ。美味しくないわけがありません! 目移りしそうな島グルメ、ぜひご検討ください!   &nb...
長崎~福岡 高速バス 九州急行バス nimoca
長崎県

九州急行バスからご案内 増便のお知らせ

  【トピックス】 「九州号」特別ダイヤの一部変更(増便)のお知らせ おトクなWEB回数券発売中! 「九州号」で小荷物輸送のご案内 ご予約・キャンセル・空席状況お問合せ先   長崎~福岡線 特別ダイヤの一部変更(増便)のお知らせ   新型コロナウイルスの影響に伴い特別ダイヤにて運行をいたし...
〈佐賀県〉2021サガ・ライトファンタジー 2021/11/2(火)~1/10(月・祝)
佐賀県

〈佐賀県〉2021サガ・ライトファンタジー 2021/11/2(火)~1/10(月・祝)

  今年も佐賀にイルミネーションの季節がやってきた!! 幻想的な光に包まれるロマンチックな街並みを楽しもう 晩秋から新春にかけて、佐賀の風物詩として多くの人々に親しまれている「サガ・ライトファンタジー」。   33回目を迎える今年は、佐賀駅南口から佐賀中央郵便局までの約1.2kmの中央大通りを中心に...
壱岐の島たび

壱岐の島たび

  弥生からの歴史も深く遺る島・壱岐。 ゆったり流れる島時間を感じるのもまた、このロケーションならでは。 今回の島たびの裏テーマは「時間」。 時代を遡ったり、はたまたゆるりと時が停滞するかのように。 壱岐ならではの時間の流れを楽しんでください。         ・一支国...
〈ハウステンボス〉設置型ベビーケアルーム「mamaro 2」の運用開始!

〈ハウステンボス〉設置型ベビーケアルーム「mamaro 2」の運用開始!

  設置型ベビーケアルーム「mamaro 2」の運用開始! 10月19日(火)、全国に先駆けてハウステンボスで、設置型ベビーケアルーム「mamaro 2」6台の運用が開始された。   広い場内を散策する際に不可欠なベビーカーのまま入室でき、授乳・離乳食・おむつ替えなどに利用できる、完全個室のベビーケ...
〈福岡県〉特別展 海幸山幸ー祈りと恵みの風景ー ~2021/12/5(日)
福岡県

〈福岡県〉特別展 海幸山幸ー祈りと恵みの風景ー ~2021/12/5(日)

  九州初上陸の文化財が目白押し!! 海と山を慈しむ日本独自の文化に触れる特別展 古代の神話に登場する神の兄弟・海幸彦と山幸彦の物語を紐解きながら、海と山が与えてくれる豊かな恵みを「海幸山幸」ととらえて様々な作品を紹介する本展。   九州初上陸の展示物を含め、国宝11件・重要文化財24件を含む96件...
〈鹿児島県〉特別企画展 かごしま装丁展 ~2021/11/29(月)
鹿児島県

〈鹿児島県〉特別企画展 かごしま装丁展 ~2021/11/29(月)

  装丁という視点から、本の魅力に触れる展覧会 明治以降、本を世に送り出す際には必ず作家と共に“装丁”があった。   本展では、生誕140年にあたる橋口五葉や、その他の鹿児島出身の画家による本の装丁と、鹿児島ゆかりの作家たちの本の装丁を中心に紹介する。   装丁という視点から、モノとしての...
Return Top