ながさきプレス

WEB限定連載コラム  週刊「ながさきプレス観光課」とは、長崎のタウン情報誌が贈る全世代型週刊観光ガイドです。

長崎の情報は地元タウン誌におまかせ!
ながさきプレスの精鋭スタッフが、地元の観光情報をご紹介します!
月4回、毎週木曜日に最新記事を掲載!
テーマ・観光スポットに沿った情報を、お届けします
4つの視点でみる、多角的観光情報!
旅する人にも、そうじゃない人にも。週替わりのコンテンツでさまざまなニーズに対応
魅力的な周辺のスポット情報も充実!
観光地まわりのグルメや雑貨店など、いろいろなお店・スポットも押さえています!

 

5月は「外海」エリアをテーマにお届け!

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」構成資産が登場です!

思わずパシャリ!としたくなる、外海“旅好き女子必見”なおはなし。
外海のおはなしvol.3
coming soon!
観光拠点のもうひとつの醍醐味!
外海の“立ち寄り推奨”なおはなし。
外海のおはなしvol.4
coming soon!

 

これまでの記事

ながさきプレス観光課

Category
〈外海vol.2〉修学旅行で自慢できる! 外海“もう一歩”踏み込んだおはなし。

〈外海vol.2〉修学旅行で自慢できる! 外海“もう一歩”踏み込んだおはなし。

「外海」のおはなしvol.2 修学旅行で自慢できる!外海“もう一歩”踏み込んだおはなし。 〈出津教会堂のド・ロ神父胸像〉   外海地区では、誰もが知っているド・ロさま。本名マルク・マリー・ド・ロ。キリスト教の禁教令が解かれた後、1878年(明治11年)外海地区の司祭に赴任しカトリックの布教活動に貢献したフラン...
〈外海vol.1〉訪れる前にチェックしたい!外海“キホン”のおはなし。

〈外海vol.1〉訪れる前にチェックしたい!外海“キホン”のおはなし。

「外海」のおはなしvol.1 訪れる前にチェックしたい!外海“キホン”のおはなし。 〈大野教会堂〉   長崎が誇る世界遺産のひとつ「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。 「明治日本の産業革命遺産」と同じく、多くの構成資産で成り立っている世界文化遺産です。 長崎県の各地と、熊本県天草地方の2県6市2町にま...
〈軍艦島vol.4〉体験旅行の思い出に!軍艦島的“手土産グッズ”なおはなし。

〈軍艦島vol.4〉体験旅行の思い出に!軍艦島的“手土産グッズ”なおはなし。

「軍艦島」のおはなしvol.4 体験旅行の思い出に!軍艦島的“手土産グッズ”なおはなし。 クルージングなどで“世界遺産”を肌で体感した後は、想い出に残るアイテム探しも忘れずにやっておきたいトコロ。家族や友人へのお土産に、自分の体験の証に。軍艦島にまつわる魅力満載のアイテムを、ぜひともチェックしてみて。 当時の味を完全再...
〈軍艦島vol.3〉思わずパシャリ!としたくなる 軍艦島“旅好き女子必見”なおはなし。

〈軍艦島vol.3〉思わずパシャリ!としたくなる 軍艦島“旅好き女子必見”なおはなし。

「軍艦島」のおはなしvol.3 思わずパシャリ!としたくなる、軍艦島“旅好き女子必見”なおはなし。 前回は軍艦島のクルージング(詳しくは軍艦島のおはなしvol.2で)について紹介しましたが、そうは言っても船での移動はそれなりに時間を要します。旅の予定にガッツリ入れている人は問題ないかもですが、「あんまり時間が取れない!...
〈軍艦島vol.2〉上陸方法は唯ひとつ!?軍艦島“クルーズ船”のおはなし。

〈軍艦島vol.2〉上陸方法は唯ひとつ!?軍艦島“クルーズ船”のおはなし。

「軍艦島」のおはなしvol.2 上陸方法は唯ひとつ!?軍艦島“クルーズ船”のおはなし。 軍艦島は世界遺産としても注目され、廃墟マニアはもちろん、多くの作品のロケ地にもなっているので「聖地巡礼」としても足を運びたい人は少なくないはず。巡礼する手段としては、現在クルーズ船による上陸ツアー・周遊ツアーに参加すること一択です。...
〈軍艦島vol.1〉訪れる前にチェックしたい!軍艦島“キホン”のおはなし。

〈軍艦島vol.1〉訪れる前にチェックしたい!軍艦島“キホン”のおはなし。

「軍艦島」のおはなしvol.1 訪れる前にチェックしたい!軍艦島“キホン”のおはなし。   長崎には、2つの世界遺産が存在しています。 「2ヵ所もあるの?スゴイ!」って思った方、残念ですがちょっとハズレです。 長崎県の世界遺産は、2015年7月に登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」...
〈興福寺vol.4〉観光拠点のもうひとつの醍醐味! 興福寺まわりの“立ち寄り推奨”なおはなし。

〈興福寺vol.4〉観光拠点のもうひとつの醍醐味! 興福寺まわりの“立ち寄り推奨”なおはなし。

「興福寺」のおはなしvol.4 観光拠点のもうひとつの醍醐味!興福寺まわりの“立ち寄り推奨”なおはなし。 先述(興福寺のおはなしvol.1)した通り、興福寺があるのは2社14寺が並ぶ寺町通り。散策甲斐のあるゆるやかな直線路を見回せば、ちょっと立ち寄りたいお店が近くにたくさん存在します。その一部を、ちょっとだけご紹介しま...
Return Top