ながさきプレス

来て 見て 食べて 楽しい長崎

DAY TRIP 島原

特別コラボ企画
ながさきプレス×コイするしまばら ShimabaLove

「コイするしまばら ShimabaLove」に参加しているRingのみなさん。長崎県外から島原に移住してきた3人に、外から見た島原のリアルな生活と魅力を聞いてみました。さらに、島原に移住してきた人が活躍するお店も紹介してもらいました!

島原に移住した時の第一印象は?

坂本さん
私は結婚前に何度か島原に訪れていたんですけど、必要な物がすぐ手に入って生活しやすいなーというのが最初の印象ですね。
伊藤さん
私は全く逆で、〝何もないな〟って思ってました。静岡県の浜松市に居た時は車がなくても生活できていたのに、こっちに来たら車がないと生活できないから慌てて免許を取りに行きました。
園田さん
私は熊本出身なんですけど、フェリーですぐいける距離だし雰囲気とかも似てて、そんなに変わった印象はないですね。ただ、山が本当に近いなっていうのは思いました。

なるほど。移住してから感じた島原の良いところや魅力はありますか?

坂本さん
野菜が新鮮で安くてとにかく美味しい!子どもにも良い環境だなって思います。こっちに来てから初めてとうもろこしを生で食べましたね。朝採れのスイートコーンとか本当に甘くて美味しいんです。
伊藤さん
野菜は美味しいよねー。私は、子どもがのびのびと育つ環境が魅力かなと思います。冬は焚火をしたり、春はマテ貝を取りに行ったり、体験しながら季節を感じられるっていうのが、すごい贅沢なんじゃないかって気づいて。お金を払っていちご狩りなんかしなくても、友だちの家とかでそういうのができたりして、恵まれた環境だと思いますね。
園田さん
なんか全部言われちゃったな(笑)。んーやっぱり人との距離感が近いと思いますね。狭いからこそ行く先々で必ず知り合いに会うし、共通の知り合いが絶対いるので完全な他人じゃないというか……。話すのも楽しいし、孤独感を感じることがないですね。こういう人との繋がりが好きな人は、島原にぴったりだと思います。

がまだすドーム

年パスを持っていて、よく子どもと遊びに出かけています。噴火による災害を学べる場所としてこれからも応援していきたいです。

人と自然が深く結びついた島原半島の魅力を届けたい

島原半島は「ユネスコ世界ジオパーク」にも認定されており、四季折々に見せる美しい自然や豊かな食など魅力いっぱいの土地。誰もが「美味しい」と絶賛する島原の水も、自然によってもたらされたもの。この雄大な土地に魅了され、移り住んだ〈がまだすドーム〉学芸員の東山さんと〈島原半島ジオパーク協議会〉専門員の森本さんは、「自然によってもたらされた恵みとその魅力を、島原半島の人だけでなく、県外の人にも知ってもらいたい」と、生き生きとした表情で語ってくれた。

昨年4月にリニューアルオープンし、体験アトラクションゾーン「子どもジオパーク」や楽しく学べるワークショップエリア「ワンダーラボ」などが新たに登場!目の前には、平成新山と平成の噴火から復興した街並みが広がる。

information
長崎県島原市平成町1-1
TEL:0957-65-5555
営:9:00〜18:00(入館17:00まで)※こどもジオパークは 10:00~17:00
休:年中無休(4月メンテナンス休館あり)
P:あり

 

洋食と喫茶COSTA

坂本さん
歴史ある建物だから歴史好きの人も多く訪れてますね。お洒落な空間だし、店主がイケメン!

歴史ある建物とメキシカンスタイルがマッチした空間

平日は地元の人が訪れる憩いの場となっている〈COSTA〉。店主の竹内さんは島原出身で、神奈川県や福岡県でレストランなどに勤務した後、その経験を活かして地元島原にお店をオープン。趣味のサーフィンができることと、子どもを育てやすい環境が決め手になったとか。ランチの「自家製ハム&サラダラップ」1,080円は、地元野菜がたっぷり使われており、ボリュームがありながらもペロリといただける。5/11(土)開催のイベント「蒼ノ扉」のスタンプラリー用のメニューだ。

カウンターでお客さんと話すことも多いという竹内さん。その人柄の良さが人を惹きつけているようだ。目の前に海が広がり、ゆったりのんびり過ごせると幅広い年代から人気。キッズスペースも完備されている。

information
長崎県島原市湊新地町450-1
TEL:0957-60-4604
営:[ランチタイム]11:30〜17:00 [酒場営業]金・土18:00〜22:00
休:不定休
P:8台
禁煙
Instagram:costa2018shimabara

 

atelier ミドカ

子どもと一緒にできるワークショップがあるので、親子で楽しい時間を過ごしてます!

誰かと繋がるコミュニティこそが新たなきっかけに

店主・林さんが手掛けた雑貨のほか、長崎の作家を中心とした雑貨を取り扱っている〈ミドカ〉。親子で楽しめるワークショップも開催しており、店内は穏やかな時間が流れている。大阪から移住してきた林さんは、島原にやってきたことで新しいチャンスに巡り合えているという。「狭いコミュニティだからこそ、必ず誰かが自分の作品を見てくれていて、それがまた誰かに広がっていって……その繋がりが新たな仕事に結びついているように思います」と、笑顔で話してくれた。これからまた新たな作品が誕生しそうだ。

島原半島の方言で『可愛らしい』という意味の〈ミドカ〉。その言葉の通り、店内には可愛らしい雑貨がたくさん溢れている

人気アイテムご紹介!

[1]Tシャツ子ども 2,900円~/大人3,900円~
林さんが一点一点手描きで描いたオリジナルTシャツ。オーダーメイドもでき、誕生日や出産祝いのプレゼントにもオススメ

[2]スマホケース  3,880円(android Lサイズ+500円)
淡い色使いが可愛らしいスマホケース。こちらも林さんが手掛けたオリジナルグッズで、使うたびに気分が上がりそう

[3]カードケース  3,600円
オシャレで目を引くデザインのカードケース。暖かみのある水彩画のタッチで、スマホケースと一緒に揃えるのもいいかも

[4]島原のねんねんころりんちゃんポストカード 150円 / シール300円
娘達をモデルにしたという“ねんねんころりんちゃん”。ポストカードとシールには、島原の方言が書かれている

[5]〈てんげ堂〉 手ぬぐい 864円・〈松嶋製麺〉島原手延べそうめん 378円
パッケージデザインなど林さんが関わったさまざまな商品。ねんねんころりんちゃんも登場しており、お土産に買っていく人も

 

information
長崎県島原市柏野町2742-2
TEL:0957-64-7856
営:10:00〜17:00
休:火曜・水曜 その他不定休あり
P:2台
Instagram:atelier.midoka

 

トトノウ

〈トトノウ〉さんの野菜は本当に美味しいです!妥協しないプロフェッショナルさが魅力ですね。

島原半島で採れるこだわりの新鮮野菜を全国に届ける
美味しい島原半島の野菜を全国各地に宅配販売している〈トトノウ〉。注文を受けてから収穫するため、いつでも新鮮な野菜を味わえる。農業の本場である島原に行きたいと、東京から島原へと移住してきた代表の光野さん。島原の魅力について、「野菜が美味しいのもあるんですけど、いろんな種類の野菜が採れるんです」と語ってくれたように、島原半島では一年を通してさまざまな野菜が収穫されている。野菜ソムリエの資格を持つ光野さんが直接、農家とやり取りをし、互いに自信を持って提供できるものを消費者に届けている。

島原半島まるごと♪お試しBOX 1,600円(税別)送料込み
ほんとうに美味しい“しまばら野菜"を皆さんに知っていただきたいから、旬のお野菜だけを7~9品目詰め合わせてお届けします。毎週詰め合わせの中身が変わるため、その時にしか食べられない珍しいお野菜と出会えるかもしれません。おひとりさま1回限りのご購入で、通常3,200円の詰め合わせが半額です!

栗原ねぎ 1箱3kg 約20~25本 2,400円(税別) 送料別
白ねぎ一筋の栗原さんが作るオリジナルブランドの「栗原ねぎ」。ヌルヌルした強い粘り気が特徴です。このネバネバの正体、実は主成分がアミノ酸。旨みと甘みが強い理由は、この成分なのです。ぜひ、洗い流さずに食べてくださいね。特別栽培にこだわって作られ、安心して口にできる「栗原ねぎ」。栗原さんおすすめの食べ方は、焼いて焦げ目を付けてから味噌汁へ。丸焼きにして食べても甘く美味しいですよ!

information
長崎県島原市本町乙487番地1
TEL:0957-73-9423
営:9:00〜18:00
休:土曜・日曜・祝日
https://totonou-shimabara.com/
Instagram:totonou_shimabara

 

しまてつカフェトレイン 大好評で運行中!


島鉄をもっと好きになる観光列車が運行中!

詳しくはこちら

皆さんに島原の好きなところについて尋ねると、必ず出てくるのが「自然いっぱいで子どもを育てやすい環境」と「豊かな土地で育った野菜と水の美味しさ」、そして「人のあたたかさ」。私たちも改めて島原の良さに気付けました!まずは島原に来てみて、島原暮らしを覗いてみませんか?

Ring
島原半島の男性と長崎県の女性の成婚をサポート。出会いの段階から結婚まで、トータルで徹底したサポートを受けられる。
https://www.ring-marriage.com/
Instagram:ring.shimadan
Facebook:https://www.facebook.com/ringshimadan/

 

 

島原暮らし
コイするしまばら ShimabaLove
HPもチェックしてみてhttps://shimabalove.jp/
島原での子育てや仕事、移住についてなど、暮らしにまつわるさまざまな情報を発信中!役立つ情報がたくさんあるよ!島原市 島原ふるさと創生本部
TEL:0957-62-8012

 

島原の関連コラム

PEUGEOT308で島原半島をドライブ!

島原の工場見学〈太洋食品〉

Return Top