ながさきプレス

来て 見て 食べて 楽しい長崎

メイド・イン・ナガサキ

Category
Vol.33 嘉久房窯の舌出し三番叟【最終回】

Vol.33 嘉久房窯の舌出し三番叟【最終回】

一子相伝の技を宿して… どこか憎めない愛嬌のある表情と、ユーモラスな立ち姿に、思わずページをめくる手を止めた方もいるのではなかろうか。ひと目でグッと心を掴むこの人形の名は、「舌出し三番叟(しただしさんばんそう)」―白磁の染付や透かし彫りなどで高い技術を誇る、三川内焼の伝統的な玩具である。くるくると首が動き、舌が出たり入...
Vol.32 富田一彦さんのデザイン

Vol.32 富田一彦さんのデザイン

暮らしに楽しさや、喜びを 来年1月。長崎県美術館で、『卜ミタリアー富田一彦の世界』という展覧会が開催される。『トミタリア』とは“トミタ”と“イタリア”を組み合わせた造語。長崎県出身で、20年以上イタリアを拠点に活動してきたデザイナー・富田一彦さんのこれまでの仕事が、一同に揃う展覧会だ。
Vol.31 岩永梅寿軒のぬくめ菓子

Vol.31 岩永梅寿軒のぬくめ菓子

長崎くんちの縁起菓子 毎夜長崎の街に響く、くんちのお囃子やかけ声―。思いがけずその練習の場に出くわすと、あの華やかな舞台の裏側を垣間見たようで、長崎人ならば誰しも胸打たれるものがある。9月を過ぎる頃にはその声にも気迫が満ち、男たちの熱く勇壮なかけ声を耳にする度、今年もくんちの季節がやってきたとワクワクせずにはいられない...
Vol.30 雲仙焼

Vol.30 雲仙焼

雲仙の自然が生み出す、唯一無二の輝き まるで宇宙を覗いているよう―。そう称されるうつわがある。「曜変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)」。南宋時代(1127~1279年)、中国福建省建陽市にあった建窯で作られたとされ、現存するものは世界でたった3点。その全てが日本にあり、国宝に指定されている。黒の釉薬の上に、光の角度...
Vol.29 マルヒロの「ものはら KURAWANKA Collection」

Vol.29 マルヒロの「ものはら KURAWANKA Collection」

波佐見焼の歴史を物語る“地層”を重ねて… 「ものはら」―。登り窯のそばにある、焼き損ないの製品を捨てる場所のことを、そう呼ぶそうだ。長い年月を経た「ものはら」には、焼き物の“地層”ができ、積み重ねられた歴史と伝統技術の上に“今”があるということを、一目で伝えてくれる。
Vol.28 瑠璃庵の長崎びいどろ

Vol.28 瑠璃庵の長崎びいどろ

長崎びいどろ。そのかつての輝きを求めて 江戸~明治前期にかけ、日本でつくられたガラス=和ガラスは、その時代“びいどろ”と呼ばれていた。ポルトガル語でガラスを意味する“Vidro”がその語源。とりわけ、中国の製法を起源とし、17世紀後期から長崎で製作が始まったガラスは“長崎びいどろ”と呼ばれ、その美しさで全国の人々を魅了...
Vol.27 茂木一○香本家のびわのお菓子

Vol.27 茂木一○香本家のびわのお菓子

茂木びわの季節です。 長崎市の南東部、橘湾に面する港町・茂木。初夏の頃、キラキラと輝く海を眺めながら、緑豊かなこの町の海岸線沿いをドライブすれば、ひと房一房ていねいに袋かけされたびわ畑の風景を目にすることができる。全国的にも名高い「茂木びわ」の収穫期、5月下旬~6月中旬頃の風物詩だ。
Return Top