ながさきプレスWEBマガジン

医療・福祉コラム

Category
〈頼れるまちの薬剤師さん〉糖尿病と診断される前に知っておきたい話

〈頼れるまちの薬剤師さん〉糖尿病と診断される前に知っておきたい話

  日本人がかかる糖尿病の9割を占める「2型糖尿病」   糖尿病とは、本来エネルギー源となるはずのブドウ糖が、血液中で慢性的に過剰な状態になってしまう病気です。   この状態を放置してしまうことで、血管が傷つき、詰まったり破れやすくなります。   細い血管が詰まると、網膜症をきっ...
〈頼れるまちの薬剤師さん〉心地よいマスク装着のためにできること

〈頼れるまちの薬剤師さん〉心地よいマスク装着のためにできること

  心地よいマスク装着のためにできること   世界中で猛威を振るい続けている新型コロナ感染症の拡大により私たちの生活は随分と変わりました。   今回は自分でできる予防対策として皆さんが日々着用しているマスクについてお話します。   ・・・   マスクの装着は、感染症から...
〈頼れるまちの薬剤師さん〉調剤だけじゃない、薬局の役割とは
長崎県長崎市

〈頼れるまちの薬剤師さん〉調剤だけじゃない、薬局の役割とは

    調剤だけじゃない、薬局の役割とは   「調剤薬局」という呼び方を耳にすることもありますが、本来、処方箋による調剤だけでなく、商品の販売や健康・介護等に関する様々な相談に応じることも、薬局の大切な役割です。   ・・・   薬局では薬剤師が常駐しており、大きく分け...
〈頼れるまちの薬剤師さん〉処方箋を薬局に提出したときに、病院と同じことを質問されるのってどうして?

〈頼れるまちの薬剤師さん〉処方箋を薬局に提出したときに、病院と同じことを質問されるのってどうして?

  ・・・     様々な理由で、クスリの害から患者さんを守るため   処方箋を提出したときに、病院と同じことを薬局でも尋ねられた経験がある方は、多いのではないでしょうか。   例えば、血圧が高い、血糖値が高いなどの生活習慣病のある方、風邪や腰痛など急な症状の方など、受...
〈頼れるまちの薬剤師さん〉薬局の新型コロナウイルス感染対策のおはなし

〈頼れるまちの薬剤師さん〉薬局の新型コロナウイルス感染対策のおはなし

  ・・・   現在も世界中で感染拡大している新型コロナウイルス(COVID-19)。   もちろん薬局には、新型コロナウイルス感染症疑いのある患者様が来局されることもあります。   その際に、皆さまに安心して薬局をご利用いただけるように、感染対策を徹底して行っております。 &n...
「移植医療」を考えるstartin’ 座談会

「移植医療」を考えるstartin’ 座談会

移植医療のこと知っていますか? 「移植医療」って、言葉では知っていても実際に知っていること、少なくありませんか?   専門家たちの話を聞いて、ちょっとだけ「移植医療のコト」と距離を縮めてみよう!     現場のハナシ 移植医療に関するそれぞれの現状と関わり方は? 救命救急センターの中でも高...
漢方のチカラ 61~

漢方のチカラ 61~

・061 オリモノ(帯下)の色(PDF) ・062 高血圧(PDF) ・063 鎮痛剤(PDF) ・064 子宮腺筋症(子宮内膜症・チョコレート嚢腫)(PDF) ・065 ホントに冷え症?(PDF) ・066 カゼひきやすい(PDF) ・067 卵巣嚢腫(PDF) ・068 習慣性流産(PDF) ・069 耳鳴り(PD...
薬局って、たくさんあってどこに行けばいいか悩みます。かかりつけ薬局を決めるときのポイントは何ですか?

薬局って、たくさんあってどこに行けばいいか悩みます。かかりつけ薬局を決めるときのポイントは何ですか?

今月のお悩み回答者…ライン薬局 水﨑 直文 先生 福岡大学薬学部卒業後、製薬会社のMRに。最初の赴任地である長崎で長く勤務する中で多くの人脈に恵まれたことから、長崎で薬剤師に転身。現在、地域に根ざした薬局薬剤師を目標に日々精進中。   そもそも、どうしてかかりつけの薬局を決めておく必要があるんですか? &nb...
Return Top