ながさきプレス

〈大村で遊ぼうVol.3〉農業が盛んな大村を感じながらグルメを楽しむ!

ながさきプレス観光課

「大村」のおはなしvol.3

農業が盛んな大村を感じながらグルメを楽しむ!

海と山に囲まれた環境にあり、農業も盛んな大村。

 
それはつまり、美味しいものがたくさんあるということ!

 
今回は、大村や長崎の美味しものが楽しめるスポットをご紹介します♪

 

 

大村の自然の恵みたっぷりな直売所〈おおむら夢ファーム シュシュ〉

 
地元で採れた新鮮な旬の野菜や果物が並ぶ直売所。

 

素材の美味しさがぎゅっと詰まった自家製の農産加工食品が並び、レストランや体験教室も併設されています。

 

「深イイ~ねぎドレッシング」(税抜500円)や「シュシュ~と飲むジュレ」」(税抜380円~)など、そのユーモアあふれるネーミングも魅力のひとつ。

 

 

12月~5月にはいちご狩り、8月中旬~9月中旬にはぶどう狩り、8月下旬~9月下旬にはなし狩りもできて、楽しみながら季節の味覚を味わうことができます。

 

2020/9/1にシーハット大村内に新規オープンした「シュシュCafe'」では、カフェやジュース、アイスのほか、長崎和牛を使った料理を頂くことができます。

 

 

お弁当などのお持ち帰りがあるので、テイクアウトしてお出かけするのもオススメ。

 

取り寄せも充実しているので、お出かけできない方は、おうちで大村の自然の恵みを味わえるシュシュのお取り寄せ (http://www.chouchou.co.jp/index.html)をチェックしてみて。

 

■(有)シュシュ
大村市弥勒寺町486
TEL:0957-55-5288
時間:10:00〜18:00
定休日:1・2・6・7・11月の第3水曜休 ※詳しくはHPをチェック
Pあり

■シュシュCafe'
長崎県大村市弥勒寺町486
TEL:0957-52-0462
時間:10:00~19:00
定休日:年末年始、1・2・6・7・11月の第3水曜日

 

 

飲むだけにとどまらない、「日本初の観光コーヒー農園」でコーヒーを堪能する〈⻑崎スコーコーヒーパーク〉

 

長崎といえばコーヒー伝来の地ともいわれていますが、ここ〈長崎スコーコーヒーパーク〉は、なんと「日本初の観光コーヒー農園」。

 

魅力的な名物社長さんが、苦心の末に日本でのコーヒー栽培を成功させたことから始まったのだそう。

 

 

お土産ショップなどでも見かける「寿古珈琲」は、こちらで栽培された豆と、上質な海外産の豆とをブレンドして作られた人気商品。

 

300坪の温室では、200本余りのコーヒーの木をはじめ、マンゴーやパパイヤなどの果物が栽培されています。

 

 

農園見学やお⼟産購⼊もできるほか、収穫した食材を使った料理やスイーツを堪能できるレストランも併設。

 

コーヒーで炊いたご飯とコーヒーで煮たチキンを使った「コーヒーピラフ」がオススメです。

 

 

■⻑崎スコーコーヒーパーク
長崎県大村市寿古町813-1
TEL:0957-55-4850
料金:入園無料
営業時間:大温室 12:00~17:00 (温室内作業日を除く)
レストラン 8:00~21:00 (木曜定休 ※11:00までは朝喫茶メニュー)

 

 

 

誰からも愛される、まちの図書館カフェ〈cafe miraino〉


 

図書館を訪れる老若男女に愛される館内カフェ〈cafe miraino〉。

 

そのぎ抹茶や県産の果物を使った色鮮やかなドリンクなど、メニューは「メイドイン長崎」にこだわったものばかり。

 

 

オススメは、スパイスカレーの名店〈Epice〉も手掛けるオーナーが「子どもや年配の方も食べやすい味に」と完成させた「ミライノカレー」。
 

図書館で借りた本を読みながらゆったりと過ごすことができるくつろぎスポットです。
 

 

■cafe miraino
大村市東本町481 ミライon図書館内
TEL:0957-56-9399
営業時間:10:30〜20:00(os19:30)/土日祝〜18:00(os17:30)
定休日:図書館に準ずる
席:18席 駐車場あり

 

 

Return Top