ながさきプレス

来て 見て 食べて 楽しい長崎

〈出島vol.4〉観光拠点のもうひとつの醍醐味! 出島まわりの“立ち寄り推奨”なおはなし。

ながさきプレス観光課「出島」のおはなしvol.4

観光拠点のもうひとつの醍醐味!
出島まわりの“立ち寄り推奨”なおはなし。

 

前回(3回目参照)紹介した「出島ワーフ」をはじめ、出島周辺にもステキなお店がたくさん!特に、オシャレで立ち寄りやすい場所が多いように見受けられます。なんだか文化交流の最先端だった「出島」のDNAをしっかりと受け継いでいるのかよう。ぜひともイロイロ散策して、アナタの思い出に華を添えてみてください!

長崎グルメを“出島”で味わう、タイムスリップ体験 内外倶楽部レストラン


出島周辺の立ち寄りスポット1内外倶楽部レストラン
出島周辺グルメを語る上で、まず外せない場所と言えば「出島内外倶楽部レストラン」。出島内で長崎の食文化を楽しめる洋館レストランです。メニューラインナップも、トルコライスや鯨カツ、ミルクセーキにカステラといった、長崎の食にこだわったものばかり。1900年代にタイムスリップした感覚で、食事を楽しんでみてください。

詳しい店舗情報はこちら

内外倶楽部レストラン
TEL:095-893-8015
長崎市出島町10-1

ランチにもカフェ使いにも満足度◎なオープン空間
Branch OTTO Dejima


出島周辺の立ち寄りスポット2Branch OTTO Dejima
出島の東側・明治ゲートのすぐそばに店を構える〈OTTO〉。オープンな開放感と肩肘張らずに食事や時間が楽しめる、カジュアルかつオトナな雰囲気が、地元客・観光客問わず人気の店です。フードメニューも豊富なラインナップ、もちろん、ドリンクにもこだわっているので、ランチやカフェ使いにピッタリ。パンケーキやフレンチトーストなど魅惑のスイーツもありますよ!

詳しい店舗情報はこちら

Branch OTTO Dejima
TEL:095-895-5700
長崎市出島町15-715 NK出島スクエアビル1F

窓越しに”出島”を感じながら、ゆったりとした時間を愉しむ わかば堂


出島周辺の立ち寄りスポット3わかば堂
東京都足立区千住、下町の路地裏の一角に佇む隠れ家的カフェの2号店。アンティーク調で整えられた空間で、窓越しに出島の和蘭商館跡を眺めることができます。日蘭交流の貴重な記念樹でもある「出島の木」もすぐそばにあり、その存在感を楽しむことも。自家製キッシュが主役のプレートランチや風味豊かなジンジャーエールなどが人気。※写真は「ケーキセット」850円

詳しい店舗情報はこちら

わかば堂
TEL:095-895-8217
長崎市出島町10-3-2F東側

長崎・九州の”元気がでる”アイテムがたくさん! いろはや 出島本店


出島周辺の立ち寄りスポット4九州みやげ いろはや 出島本店
〈OTTO〉の隣に位置する〈いろはや 出島本店〉。こちらのテーマは「伝えるおみやげ屋」。長崎はもちろん、九州各地からデザイン性、テーマ性のあるアイテムをたくさん取り揃えた、まさに“おみやげのセレクトショップ”です。長崎、そして九州を訪れたからには、ぜひぜひ手に取ってみてほしい、元気をくれる逸品たちが出迎えてくれますよ。

詳しい店舗情報はこちら

九州みやげ いろはや 出島本店
TEL:090-3071-1688
長崎市出島町15-7

「洋風」の出島から「中華」街へ!フラっと異国散策 KITCHEN CAFE LAOLEE


出島周辺の立ち寄りスポット5KITCHEN CAFE LAOLEE
出島や、出島すぐそばの中華街を散策するのも、ありありのベストプランです!中でも若者たちに人気のオススメスポットは〈KITCHEN CAFE LAOLEE〉。長崎では有名な台湾料理専門店〈老李〉がプロデュースするカフェです。台湾発のスイーツの数々をアジアンスタイルで楽しめます。もちろん、台湾ではおなじみのタピオカドリンクも!テイクアウトもできるので、ぜひ立ち寄ってみて。

詳しい店舗情報はこちら

KITCHEN CAFE LAOLEE
TEL:095-824-9255
長崎市新地町10-10

 

名称

出島

アクセス

JR長崎駅から路面電車(崇福寺行乗車)利用5分、「出島」電停下車、徒歩すぐ

駐車場

周辺にコインパーキングあり

お問い
合わせ

TEL:095-821-7200

https://nagasakidejima.jp/

備考

【営業時間】8:00~21:00(最終入場 20:40)※無休

【料金】大人 510円、高校生200円、小・中学生100円

場所

長崎市出島町6-1

Return Top