ながさきプレス

大村市ってどんなまち?

 

長崎県の真ん中にある
県内・県外アクセス◎なコンパクトシティ

 

 

 

 

〈もくじ〉

大村市のココが特徴!

 

 

県内外へのアクセスが抜群!
九州最大規模の蔵書数!県立・市立一体型図書館〈ミライon〉
大村市なんて大嫌い!?

 

自宅からIC・空港まで車で約15分。出発30分前に自宅を出ても飛行機への搭乗が叶います。ミライonの開館で図書館の街としてのこれからも楽しみ。

 

移住定住推進PR動画『大村市なんて大嫌い』も本ページ最下部からご覧ください。

 

大村市ってどんなまち?

 

 

大村市は、多良の山々と波静かな大村湾に挟まれたコンパクトで平らな街。

 

長崎県のほぼ中央に位置し、長崎空港、2カ所の長崎自動車道インターチェンジ、さらに2022(令和4)年に九州新幹線西九州ルートの開通も控え、県内各地へのアクセスはもちろん、東京、大阪、福岡へのアクセスが抜群で多拠点生活の実現も可能です。

 

 

 

 

2019(令和元)年度には新たな工業団地の分譲開始や、県立・市立一体型図書館〈ミライon〉も開館するなど、都市機能のさらなる発展とともに新たな雇用の創出が見込まれます。

 

 

 

また、市立大村市民病院や国立病院機構長崎医療センターなど高度医療機関も充実。大人も子どもも安心して暮らすことができます。

 

 

 

 

「実際住むとなるとホントのトコロどうなの?」というギモンを
まちの人に聞いてみました!

 

- 移住者への支援制度は?

  • ぷらっと相談!「移住コンシェルジュ」
  • 大村市3世代同居・近居促進事業
  • 保育士等就職祝金

市街地の複合ビル〈プラットおおむら〉内に、気軽に移住の相談ができる「移住コンシェルジュ」を設置しています。

 

毎月10日(イジューの日)には、おおむら暮らし相談会として、市の移住コーディネーターが移住者の悩み相談にも対応、移住後も安心して暮らせる街を目指しています。
住まいの支援として、新たに3世代で同居・近居するための住宅の取得などの費用の一部を助成しています.

 

そのほか、市外から保育所などの施設に保育士等として就職された方にはお祝い金を支給しています。

 

- 賃貸住宅の家賃相場は?
2LDK~3DK程度で4~6万円程度

大村市は転入転出も多く、賃貸住宅は充実しています。
マンションタイプから戸建てまで、ライフスタイルや予算に合わせて選択が可能です。
駐車場無料の物件も多く、築年数や立地によっては3万円台の物件も多くあります。

 

- 仕事探しの相談は?

  • UIJターンの就職相談は地方創生課まで!
  • 新規就農支援制度あり
  • 大村市創業塾

UIJターンでの就職相談については、希望や内容などを聞き取り、「ながさき移住サポートセンター」におつなぎしています。

新規就農者に対しては、「就農に向けて」「就農してから」「経営安定してから」の3段階で支援を実施しています。

 

そのほか大村市で創業を目指す方には、創業に必要な知識や、創業後の経営のコツを学ぶ「創業塾」を開催しています。

 

- 子育て環境は?

  • こども未来館「おむらんど」
  • 中学生まで子ども医療費助成
  • 第2子以降保育料無料
  • 一時保育、病児保育、放課後児童クラブなどの子育て支援
  • 不妊症、不育症治療費の助成
  • 夜間初期診療センター

県内外から親子連れが集まる子育て支援センター「おむらんど」を核に、11カ所の地域子育て支援センターがあり、子育ての悩み相談などにも対応しています。
「大村市夜間初期診療センター」では夜間や休日の急病にも365日対応するなど、安心して子育てができる環境を整えています。

 

 


名称:大村市 地方創生課
住所:大村市玖島1-25
TEL:0957-53-4111
MAIL:sousei@city.omura.nagasaki.jp
都市機能も、自然も十分に揃い進化し続けている可能性無限大の街、大村市。
優れたアクセス条件を兼ね備えた地方の街から、あなたらしい暮らし、始めませんか?

 

UIJターンについてのお悩みは、小さなことでもお気軽に地方創生課までご相談ください。
大村市に土地勘がない方は街のご案内もしています。

 

『大村市なんて大嫌い』はこちらから!

 

 

 

大村市の統計・データ

〈DATE〉
・面 積 …… 126.73㎢
・人 口 …… 9万6,963人
・主要産業 … 農業、水産業、製造業

〈ACCESS〉
・長崎市内から車で約30分/JRで約45分
・佐世保市内から車で約50分/JRで約60分

 

 

長崎市の観光スポット

 

ながさきプレス観光課

 

Return Top