ながさきプレス

11月14日は「世界糖尿病デー」

 

世界の糖尿病人口は4億6,300万人に上り(※1)、年に500万人以上が糖尿病の引き起こす合併症などが原因で亡くなっている。これは6秒に1人が糖尿病に関連する病で命を奪われている計算となる。このような状況を踏まえ、国際連合は、11月14日を「世界糖尿病デー」に制定し、 世界各地で糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発運動を推進することを呼びかけている。

日本には約2,000万人の糖尿病患者および予備群がいると推定されている(※2)。糖尿病を重症化させないためには早期発見・早期治療が重要だが、糖尿病には痛みなどの自覚症状が少ないことから、疑いがありながらそのまま治療を受けない人が多くいる。

長崎では例年、医療従事者が血糖測定や療養相談などの啓発活動を行っている(今年は感染防止のため浜町で、4名の講師による糖尿病動画を上映予定)。夜には糖尿病啓発のシンボルカラーであるブルーにランドマークがライトアップされる(女神大橋、大村公園など。他にもライトアップされている場所があるかも!探してみよう!)。

世界糖尿病デーを機に、自分や家族、大切な人とともに、糖尿病について考え、予防のため生活習慣を見直してみよう。

 

※1 IDF DIABETES ATLAS 9th Edition2019 (International Diabetes Federation)
※2 平成28年国民健康・栄養調査

 

お問い
合わせ

長崎県 国保・健康増進課
TEL:095-895-2494

 

Return Top