ながさきプレス

昔から眺めていた景色が観光地になるとは……(上五島)

矢堅目、別名「トトロ岩」

 

 新上五島町の中通島にある奈摩湾。その入口にある三角の岩山、矢堅目。今では〝トトロ岩〟なんて呼ばれてもいます。「矢堅目」とは古くより奈摩湾に侵入してくる外敵の見張りのため、矢(守備兵)で砦を堅めたことからこの地名が残されていると伝えられています。私はこの地で生まれ育ちました。

 

 今では毎日のように眺めている景色が、上五島の景勝地となっています。また、この近くには、教会建築で有名な鉄川与助氏の最初の設計・施工といわれる「冷水教会」もあり、観光や巡礼のお客様が多く訪れています。

 

 そして「矢堅目」といえば「夕日」といわれるように、東シナ海へ沈む夕日とオレンジ色に輝く山々と海は、まさしくフォトジェニックな絶景です。幼少期、島のじいちゃんから「五島は宝の島だ」とよく聞かされていました。その頃は何も感じていなかったのですが、今ではその意味がわかります。島人として当たり前の「風景・食・文化・人」そのすべてが宝であると。当たり前と感じていたものが特別な存在になります。

 

 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に登録された今、たくさんある島の〝宝〟を大事にしていかなければなりません。

 

 

profile

川口 秀太  株式会社やがため代表取締役。16歳から島を離れ、23歳で島に戻り、製塩業に取り組む。29歳の時に会社設立。現在36歳。昨年、長崎県内では初めてソルトコーディネーターの資格を取得。好きな言葉は「日進月歩」。妻と子どもの5人暮らし。

 

Return Top