ながさきプレス

五島が賑わう夏(五島)

高浜海水浴場の美しいビーチ

 

高浜海水浴場(三井楽町)は、福江港から車で約40分。天然の海水浴場としては、日本一美しいと言われる白銀色の砂浜海岸だ。日本の渚・中央委員会選定の「日本の渚百選」、環境省選定の「日本の水浴場88選」、長崎県の「新観光百選」にも選定されている。高浜に通じる国道384号線は「日本の道百選」と数々の認定を受けている。休憩所・更衣室・シャワー室(有料)が備えられており、すぐ隣の頓泊海水浴場(玉之浦町)とともに五島を代表する観光地だ。

 

北側の魚藍観音展望台からは、緑の山々に囲まれた白銀色の砂浜と、波打ち際から水色、青色、深い藍色へと色の変わっていく美しい海が一望できる。沖に目を向けると、小さいながらホマーテ(臼状火山)とアスピーテ(楯状火山)の2つの噴火口をもつ嵯峨島が見える。夕暮れ時には、嵯峨島や水平線を真っ赤に染めて夕陽が落ちていく。

 

 その他、大浜・香珠子海水浴場(福江地区)、浜田海水浴場(岐宿町)、さんさん富江キャンプ村(富江町)など、福江島にはいくつもの海水浴場やキャンプ場があり、夏は五島が最も賑わう季節だ。

 

 

profile

矢口 美保子  五島市在住。趣味は、茶道と読書。「軽自動車のマニュアル車に乗っています」と言うと、ほとんどの人が驚くという。高校時代の剣道仲間からの突然の電話により、島のコラムを書くことに。これには、本人が一番驚いているのだとか。

 

Return Top