ながさきプレス

来て 見て 食べて 楽しい長崎

DRUM TAOパフォーマー
江良拓哉さん麓大輔さん来崎

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

5月に長崎で公演予定のDRUM TAOを代表して江良拓哉さんと麓大輔さんに公演やTAOについてインタビューしました!

インタビュー

編集部
今回の新作はどのような作品に仕上がっていますか?
江良さん
絶賛制作中です(笑)。ショーには物語があり、過去、現代、未来を行き来して日本の良さを再認識する旅に出かけます。古くから学んだメッセージ(光、響、愛、勇、魂)この5つのキーワードを現代に持ち帰り、そして未来へ挑戦して行こう……という意味を込めた映画のような舞台です。
編集部
本番中の裏エピソードはありますか?
麓さん
つい最近の公演です。左右の太鼓を打つパフォーマンスがあるのですが、横のポジションだった江良さんのバチを叩いて飛ばしてしまいました(笑)。
江良さん
本来ならば予備のバチを使うのですが、そのバチが届かなくて……エアーで叩いていました……「思いだけは伝わってくれー」という気持ちで(笑)。
編集部
大分で共同生活をされていますが、練習はどれくらいされていますか?
江良さん
練習は朝10キロのランニングに始まり、1時間の打ち込みを行います。それから朝食(笑)。通常なら日中楽曲の稽古を行いますが、今は新作舞台の制作舞台に重きを置き、みんなで話し合いを重ねながら、楽曲やパフォーマンスなどを試行錯誤しています。
編集部
TAOの一員になるためのオーディションはありますか?
江良さん
随時、受付中です。年に数回オーディションも開催されます。太鼓は経験がなくても大丈夫です。麓も太鼓未経験者からのスタートだしね。
麓さん
僕のときは、周りが太鼓を披露している中で、少林寺拳法をしたのを覚えています。その時は心臓がバクバクで何を話したのか……(笑)。その時、審査員にいたのが江良さん(笑)。
編集部
長崎で公演しての印象はありますか?また、長崎の方に一言メッセージをお願いします!
長崎で初めて公演を行った時、観客席から「もってこーい」という掛け声が聞こえたので、最初は、何を求められているのかわからず……(笑)。あとで、アンコールを意味しているということに気づきました。
長崎の方は、熱狂的なファンの方もいらっしゃるので、どんどん進化するTAOをぜひ見に来てください。最高にカッコいいパフォーマンスを披露します!

INFORMATION

「RHYTHM of TRIBE ~時空旅行記~」
DRUM TAO 5/20長崎ブリックホール
 
公演情報
 
■日時:5月20日(日)開場16:15/開演17:00
■会場:長崎ブリックホール 大ホール
■料金:SS席7,500円 S席・車椅子席6,500円 A席5,500円
■問合せ:KTN事業部 095-827-3400(平日9:30~17:30)

Return Top