ながさきプレスWEBマガジン

暮らす
- life -

  • 医療・歯科・福祉カテゴリー

医療・福祉コラム

家づくりコラム

 

暮らす( 26 )

Category
長崎血管外科クリニック

長崎血管外科クリニック

 立ち仕事が多い人や、妊娠・出産後の女性に発症しやすいという「下肢静脈瘤」。脚の静脈の弁が上手く機能せず、血液が溜まってしまうという病気だ。〈長崎血管外科クリニック〉は、患者ごとに微細に異なる症状に合わせ、それぞれに適した治療を目指す医院。「心を込めて接し、患者さんに満足してもらえる治療を行うこと」を理念に掲げ、治療に...
目指すのは、心と心のコミュニケーション。スタッフ一人ひとりが、医院が患者にとって“心地よい空間”となるように心がけている

たら歯科医院

多良 龍男院長(タラ タツオ)長崎大学歯学部卒業。長崎市内の歯科医院で経験を重ねた後、2000年、〈たら歯科〉を開業。気さくで朗らかな笑顔と人柄が魅力的な歯医者さんだ  長崎多良見ICすぐそば、黄色い看板と建物が目印。やさしそうな笑顔が魅力の多良先生をはじめ、スタッフが一丸となって取り組むのは「笑顔のための歯科医院」づ...
”好き”から始まるインテリア vol.4

”好き”から始まるインテリア vol.4

手軽さが嬉しい窓辺からはじめるインテリア お部屋の中でも大きな面積を占める窓周りは、手軽にアレンジしやすい場所です。インテリアスタイルの重要な要素である窓辺の装飾“ウィンドウトリートメント”は、プライバシーの確保という機能だけでなく、部屋の印象を左右する大切な要素の一つ。特に、多彩な色柄を楽しめるカーテンは種類も多様で...
”好き”から始まるインテリア vol.3

”好き”から始まるインテリア vol.3

色を楽しみ、色と暮らす少しの知識で部屋が変わる 白やベージュを基調にしたニュートラルなインテリアも素敵だけど、シンプルな空間に上手に“色”や“柄”を取り入れて、心地よくスパイスの効いた粋な空間づくりに挑戦してみてはいかがでしょうか。成功のカギは、配色の基本とルールを少し覚えること。それだけで、お部屋の色選びで迷うことな...
”好き”から始まるインテリア vol.2

”好き”から始まるインテリア vol.2

照明の使い方を見直して上質で心安らぐ家に 照明は明るい方がいい!そんな価値観から少し離れてみてはいかがでしょうか。家造りに欠かせないのが“照明計画”です。照明器具の明るさ・色・種類・素材・配灯場所などを、ほんの少し変えてみるだけで、空間は豊かになり、心を和ませる家に仕上げることができます。照明は、部屋を明るくするためだ...
スタッフのチームワークの良さも◎ 笑顔を絶やさない対応を心がけているそう

ひでふみデンタルクリニック

齋藤 秀文 院長(サイトウ ヒデフミ)九州歯科大学卒。福岡の矯正歯科や長崎市内の一般歯科に勤務した後、2007年に開業。これまでの経験を活かし矯正治療にも力を注いでいる  「小さな子どもからお年寄りまで、幅広い世代の患者さまが笑顔で診療室に入ってくること」に大きな喜びを感じるのだという、齋藤秀文院長。居心地が良く、また...
村上矯正歯科

村上矯正歯科

村上 久夫 院長(ムラカミ ヒサオ)長崎大学歯学部卒業。長崎大学歯科部付属病院の経験を経て、〈村上矯正歯科〉を開院。クリアアライナーを導入して今年で11年目を迎える  きれいな歯並びを目指すことは、ごく自然な笑顔へのヒントとなるのはもちろん、虫歯や歯周病となる大きな原因を除去することにもつながるのだとか。〈村上矯正歯科...
アットホームで明るい雰囲気づくりに努めるスタッフ

まき歯科あづま

副島 隆太院長(ソエジマ リュウタ)神奈川歯科大学卒業。東京都や茨城県の複数の医院で勤務し研鑽を重ねる。2015年4月に帰郷し、同年夏に開院した〈まき歯科あづま〉の院長に就任
きらきら歯科医院

きらきら歯科医院

山口 香奈美 院長(ヤマグチ カナミ)長崎大学歯学部卒業。長崎市の小児矯正歯科、兵庫県の矯正歯科にて勤務後、フリーランスの歯科医として活動。2014年〈きらきら歯科医院〉を開設  「患者の口腔内環境の改善だけでなく、子どもの成長をサポートする」が〈きらきら歯科医院〉の診療スタンス。山口院長は「歯並び」と「姿勢」には胎児...
ついき歯科クリニック

ついき歯科クリニック

築城 沙織 副院長(ツイキ サオリ) 長崎大学歯学部卒業後、同大学病院の補綴科にて勤務。その後、長崎市近郊の歯科医院にて経験を重ね、〈ついき歯科クリニック〉では副院長を務める 築城 宏太郎 院長(ツイキ コウタロウ)明海大学歯学部卒業。長崎大学病院の補綴科や長崎市の〈にしの歯科クリニック〉などで研鑽を積み、今年4/11...
Return Top