ながさきプレス

五島列島 夕やけマラソン(五島)

五島の夏の締めくくり

 

 五島の夏を締めくくるのは、「五島列島 夕やけマラソン」だ。「夏の五島・夕陽を浴びて駈け抜けよう!!」をテーマに約3千人が参加する、市民ランナーに人気の高いレースだ。コースは、鬼岳の麓を回るハーフの部と市街地を2周する5キロの部がある。

 

 17時30分、まだ日中の日差しが残る中、ハーフの部が五島港公園をスタートする。その15分後 、5キロの部がスタート。ハーフの部は、市街地を抜けると、大円寺の前を通り大浜方面へ向かう。その間に、5キロの部はたちまち市街地を2周してゴールする。

 

 大浜からは、鐙瀬海岸や崎山地区を通って港公園へ。だんだん日が落ちてきて、大きな夕陽に背中を押されながらゴールを目指す。スタートからゴールまでほとんど応援が絶えないのも人気の一つ。崎山中学校前の長い緩やかな上り坂と、給食センター前から八幡神社までのアップダウンが最後の難所だ。 走り終わった後は、五島牛と五島美豚の試食会が待っている。

 

 今年の開催は、8月25日(土)。参加申込の最終締切(参加費8千円)は、8月25日15時まで。夏の思い出に、五島の夕陽を見ながら走ってみませんか。

 

 

profile

矢口 美保子  五島市在住。趣味は、茶道と読書。「軽自動車のマニュアル車に乗っています」と言うと、ほとんどの人が驚くという。高校時代の剣道仲間からの突然の電話により、島のコラムを書くことに。これには、本人が一番驚いているのだとか。

 

Return Top