ながさきプレス

V・ファーレン長崎

女性の活躍応援企業特集

自分の意見を発言し、「やりたい」ができる職場環境

中井 友美さん[29歳]
長崎市出身。2013年に〈ジャパネットたかた〉に入社。ペーパーメディア制作や総務戦略、グループ広報を経て、現在は〈V・ファーレン長崎〉広報室課長。

 

V・ファーレン長崎

長崎の21市町をホームタウンとするサッカークラブ〈V・ファーレン長崎〉は2017年4月から〈ジャパネット〉グループの一員だ。

 

クラブの広報活動全般を担当するのが中井さん。試合時のメディア対応やイベント広報のほか、リリースやSNS発信などを行っている。

 

ファンからの反応を直に感じることも多く、仕事の喜びにもつながっているという。

 

試合当日、選手バスが入ってきた場面を真剣に撮影する中井さん。SNS運営も広報の大事な仕事だ

 

入社を決めたのは、〈ジャパネットたかた〉のインターンシップがきっかけ。年齢や性別を問わず自分の意見を発言し、番組を作り上げる様子を見て「ここだ」と感じたという。

 

実際に入社後、自分で根拠や目的を集めて社長に発表し、アドバイスをもらいながら形にする体験を何度も経験したという。

 

2020年にはクラブの平和への想いをより広めようと、広報課でアイデアを出しながら、高校生平和大使と提携を実現。長崎のクラブチームならではの平和祈念活動にこぎつけた。

 

 

また周りにはチームリーダーや管理職を始め、時短勤務を利用し活躍する子育て中の女性が多く、それが自然な職場風景だという。

 

「時間管理しながら活躍する先輩たちのように、いつか出産しても働き続けるキャリアビジョンを描きたい」と将来を語る中井さんの姿は生き生きとしていた。

 

仕事と子育てをバランスよく両立できる職場です

 


私の職場のココが「イイね!」

1.ゆとりが持てる育児時差出勤制度

子育て中の人を対象に、出勤時間を30分から1時間ずらして出社することができる制度。家事に送り迎えにと、忙しい日々を送る子育て世帯にうれしい制度だ。

 

 

2.一日最大6時間まで対応!育児短時間勤務

中学校入学までの子どもがいる従業員を対象とした制度。一日最大6時間まで勤務時間の短縮が可能。対象者はパソコンにシールを貼るため、他の従業員にも時短を周知できる。

 

 

 


 

女性活躍のための行動計画

ジャパネットグループでは仕事と子育てをバランスよく両立し、いきいきと働ける制度を導入。

 

育児時差出勤制度では、最大1時間まで出勤時間がずらせる
中学入学まで育児短時間勤務が可能

 

COMPANY INFO
所在地 諫早市多良見町化屋1808-1
業種 スポーツチーム
事業内容 サッカークラブ運営
設立時期 2006年6月
従業員数 57人
女性社員の割合
(非正規含む)
42%

 

 

「長崎で輝くわたしになる 女性の活躍応援企業特集」TOPにもどる

 

Return Top