ながさきプレス

イベント

ピカソと20世紀フランス絵画展

ピカソと20世紀フランス絵画展

美術絵画の巨匠・ピカソ晩年の作品“剣を持つ男”も来館19世紀後半に生まれた印象派以降のフランス絵画を中心に収集展示する〈山形美術館〉のコレクションから、厳選した60点を展示する。20世紀の美術史に偉大な足跡を残した巨匠・ピカソの作品や、フランス美術の栄光を現代に継承する人気作家の作品が集う。芸術の秋、フランス絵画にふれ...
第20弾さいかい丼フェア

第20弾さいかい丼フェア

西海市自慢のうまいものが詰まった丼をがっつり食べ尽くそう 西海市の海の幸・山の幸をふんだんに使った丼が毎回大好評の「さいかい丼フェア」。平成18年にスタートし、今回でついに20回目!記念すべき第20弾は新しいお店も増え、14の店舗で基本版を14丼、豪華版を7丼味わえる。 “マイ箸”を持参すると特典が付くほか、抽選で食事...
ロシア科学アカデミー図書館所蔵 川原慶賀の植物図譜

ロシア科学アカデミー図書館所蔵 川原慶賀の植物図譜

ロシアから長崎に里帰りした歴史的価値のある植物画! 江戸時代後期、出島出入絵師として活躍した川原慶賀が描いた植物画を中心に、長崎を描いた作品を併せて紹介する。植物学に強い関心をもっていたドイツ人医師・シーボルトの要求に応え、たくさんの写生図や風俗画を描いた慶賀。彼が異文化や長崎をどのように見て、うつしとっていたのかを辿...
特集展示 慶賀と融思

特集展示 慶賀と融思

同じ時代を生きた長崎の絵師。二人の関係性とその生涯とは  江戸時代後期に活躍し、長崎画壇の中心的存在であった絵師、川原慶賀と石崎融思。晩年、長崎払いとなった慶賀が野母崎観音寺の天井画を手がけることができたのは、融思による取り計らいが大きいと考えられている。生涯を通じて関わりがあったとされる慶賀と融思。二人の作品を比較し...
第5回 秋桜まつり

第5回 秋桜まつり

平成新山の麓に広がる花の公園 平成新山を一望できる花の公園「しまばら芝桜公園」で、1,000万本の秋桜と6万本のひまわりを見ることができる。10/21(土)、10/22(日)、10/28(土)には、ライブや島原七万石踊りが行われる。また、園内では切花の販売をしており、コスモス1束100円、ひまわり1束(2本入り)を購入...
富士フイルム“PHOTO IS”想いをつなぐ。 50,000人の写真展2017

富士フイルム“PHOTO IS”想いをつなぐ。 50,000人の写真展2017

とある日常を切り取った想いあふれる写真展  日本最大級の参加型写真展が開催!一般展示部門と「なつかしいあの頃」部門に分けて行われる。「特別企画 心に響いた100選」では、応募作品の中から著名人やプロ写真家10名の心に響いた、合計100作品を楽しめる。
Return Top