ながさきプレス

〈眼鏡橋vol.2〉修学旅行で自慢できる!眼鏡橋“もう一歩”踏み込んだおはなし。

ながさきプレス観光課眼鏡橋のおはなしvol.2

修学旅行で自慢できる!眼鏡橋“もう一歩”踏み込んだおはなし。

 

実は、この中島川に架かる橋は、眼鏡橋だけではありません。「中島川石造アーチ橋群」と呼ばれ、現在もたくさんの石橋が残っています。

 

 

残念ながら、前回(vol.1)でも説明した長崎大水害により流失したり立て直されたりしていますが、今のものでも風情いっぱいです。

 

〈袋橋〉

〈東新橋〉

〈常磐橋〉

〈芊原橋〉

眼鏡橋の撮影ポイントしてもピッタリの魚市橋袋橋。小説や映画にもなった「ぶらぶら節」の一節にもある大井手橋など、実にたくさんの石橋があります。
さらに中島川は、長崎港までに続くルートに、浜町に近い鐡橋中央橋、2017年に約130年ぶりに開通された出島表門橋など、橋好き・橋マニアならずとも楽しめる橋スポットがたくさん!
それぞれの歴史を紐解きながら、写真に収めたりレポートにまとめたりするのも、きっといい思い出になるはずです。

 

 

セメントなどは使っていない!石造りアーチ橋の高度な技術!

400年以上前に造られた、この眼鏡橋。当然、当時はセメントなどはありません。実は、地元の石を切り出して加工して、それを積んだ造り。石橋は石同士が競り合う力で保っているんです。

 

 

下から順に石を積み上げて、最後に要石(かなめいし)と呼ばれる石をアーチの真ん中にはめ込みます。これがピッタリとハマってしまえば、それぞれの石の重さが隣の石へとかかって、安定して崩れることがないのだそう。
この技術で、長らく眼鏡橋は保たれてきました。長崎大水害の際も一部の損壊で済んだのも、こうした古くからの高い技術によるものでしょう。

 

 

 

 

橋の向こうにまた橋が! この石橋群は中島川の上流まで、十数基にわたって続いています。

 

 

次回は眼鏡橋のおはなしvol.3「思わずパシャリ!としたくなる、眼鏡橋“旅好き女子必見”なおはなし。(11/15日公開)」です。お楽しみに!

 

名称

眼鏡橋

アクセス

【JR長崎駅から】路面電車号系統「蛍茶屋 行き」に乗車→「市民会館」電停下車→徒歩4分

【大浦天主堂・中華街方面から】路面電車4号系統・5号系統「蛍茶屋 行き」に乗車→「眼鏡橋」電停下車→徒歩3分

駐車場

周辺にコインパーキングあり

備考

国指定重要文化財(指定年月日 昭和35年2月9日)

場所

長崎県長崎市 魚の町・栄町と諏訪町・古川町の間

 

Return Top