ながさきプレス

きれいのハナシ Vol.48

 

BeautyTalk 私のルール

【質問】日々、キレイになるため、自分が思う素敵な女性になるためにいろんな事にチャレンジしますが、あまり長続きしません。上手くいくためのアドバイスをお願いします。

ベースのルールがあり私流のルールが成り立つ

 

キレイになるためというより、幸せに生きていくために、私が大切にしていることがあります。それは、まず、『世の中のルールを守る』ということ。

 

時間を守る、交通ルールを守る、列には並ぶ、騒いでならないところでは静かにする、そういうことです。「え?当たり前じゃないの?」と思う方もいるでしょうが、常識が身に付いているかどうか、小さなことでも本当に守れているか、私はいつも意識するようにしています。人に不快を与えない最低限のことができて初めて、次のステップに進めるのではないでしょうか?

 

最近、私が1番腹が立つことは、初対面なのに不必要に感じが悪い態度の人です。そういう人を見ると、人生を無駄に生きてるなぁと気の毒に思いますね。それと、相手がどんな人かもわからないのに、タメ口をきく人も、理解に苦しみます。『どんな人にも礼を尽くす』これは私の鉄則。立派な目標を掲げたり、高い理想を持つことが重要ではないのです。

 

「素敵」と言われる人は、日々、『徳を積んでいる』ハズなのです。

 

生きていく上で大切なこと

 

『継続すること』『表裏なくやること』『焦らないこと』は、全てにおいて重要なキーワードだと思っています。

 

例えば「キレイになりたい」と思った時、急にキレイになれるでしょうか?私はそう思いません。心も外見も、美しくなる努力をすること、続けることで、輝いていくのです。美しくなる努力が長続きしないとしたら、それはやり方が間違っているのかも。「美しさとは何か?」という根本を、考え直すべきです。

 

それは『表裏なくやること』にも通じる話。家の中が汚い、タオルや寝具が汚い、そんな人は本当のキレイにはなれないのです。環境に関しても同じ。ゴミを正しく出さない、どこでも喫煙する…、それだけでも環境を破壊しています。例え姿形が整っていても、このような行動を取る人はいつかメッキが剥がれます。歳を重ねれば重ねるほど、その人の本質が顕(あらわ)になるのです。

 

反省すべき点があれば、焦らず、改善していけばいいのでは?

 

努力の継続なくして、美しさを手に入れることはできないハズ。人と比べたりせず、お手本となるような人や本を参考にしながら、より美しくなる生き方を探し続けていきましょう!

 

みちこくりにっく 高橋美智子先生
みちこくりにっく高橋美智子先生

美智子先生のBeauty Keyword


生きる姿勢も美しく!本当のキレイは人の本質が重要なのです

【プロフィール】 諫早医師会准看護学校卒業、東京女子医科大学看護科卒業。1998年北里大学医学部入学、2004年同大学卒業後、同大学病院にて2年間の臨床研修後、同大学病院外科へ入局。2008年より国立相模原病院外科へ出向。2009年帰郷し、旧田園診療所院長へ就任。2012年みちこくりにっくへと改名。元々は外科医だが、皮膚・美容への関心が高く、美容皮膚にたずさわるように。


【住所】 長崎県諫早市福田町2367-1
【TEL】 0957-21-2525
http://michiko-cc.com/

Return Top