ながさきプレス

【長崎海上保安部情報】
巡視船「でじま」 体験航海
海上保安制度創設70周年記念

船艇連携訓練を行う長崎海上保安部所属の巡視船「ほうおう」(左)、巡視艇「こうばい」(下)、長崎県漁業取締船の「おおとり」(右)

海上の安全を守る
船と人たちの姿

6/3(日)に長崎海上保安部の巡視船「でじま」の体験航海が行われた。海上保安庁の業務内容などを知る貴重な機会に、多くの人が集まった。巡視船や巡視艇に加え、長崎市消防艇、長崎県漁業取締船など参加機関、全7隻による不審な船舶を停船させる訓練が行われ、普段見ることのできない光景に参加者はくぎ付けに。

そのほか、空砲の機銃による射撃訓練や制服の試着など、盛り上がる体験航海となった。

海上保安庁のマスコットキャラクター「うみまる」も登場!
子どもから大人まで多くの人が集まり、普段見られない訓練や船内を見学した

長崎県防災ヘリコプター「ながさき」

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

Return Top