至上の印象派展 ビュールレ・コレクション | 長崎タウン情報誌|ながさきプレス

ながさきプレス

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

ピエール=オーギュスト・ルノワール 《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》 1880年

フィンセント・ファン・ゴッホ 《日没を背に種まく人》 1888年

©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

あの名作たちが一堂に会する、またとない機会

ドイツ生まれのエミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)は、スイスで大事業家となった。
亡くなるまでの20年間に、印象派やポスト印象派を中心とする絵画を収集し、世界でも指折りのプライベート・コレクションを築きあげた。
本展では、ルノワールやモネ、ファン・ゴッホ、ゴーギャンなど巨匠たちの肖像画や風景画などが並ぶ。
粒ぞろいの傑作をまとめて見られるのも今回が最後。
その目でとくとご覧あれ。

5/19 (土) ~7/16 (月) 9:30~17:00(最終入館16:30)
※毎週金・土曜は20:00まで夜間開館(最終入館19:30)
※休館日:5/21(月)、6/4(月)、6/18(月)、7/2(月)
九州国立博物館〔太宰府天満宮横〕(福岡県太宰府市石坂4-7-2)
【前売り】一般1,400円 高大生700円 小中生300円 
【当日】一般1,600円 高大生900円 小中生500円

NTTハローダイヤル
TEL:050-5542-8600
http://www.kyuhaku.jp/

その他のイベント

Return Top